営業研修TOP ->営業マンQ&A ->決裁者を上手く聞き出す方法は?

決裁者を上手く聞き出す方法は?

営業マン育成先生が応える営業お悩み相談室


決裁者を聞き出す方法は?

システム会社の営業マンです。
商談の際、決裁者をなかなか 把握できず、窓口担当者に何度も
プレゼンしては、白紙に戻 されてしまいます。
かといって、面談相手を無碍にもできません。
相手の気分を害さず、上手く決裁者を聞きだす方法はありませんか?


「他にこの人の意見を尊重しておきたいと思う方はいらっしゃいませんか?」

決裁者(キーマン)の確認は慎重に、そして丁寧に進める必要が有ります。

まずは、最終決定に至るまでのプロセスを確認してみます。
たいていの場合「候補選定→絞込み→選考委員会→トップの最終決定」というように、 いくつかの
ステップがあります。
プロセスがわかったなら、「今は絞込みに入った段階なんですね」「すると、次は○○というこ と
ですね」などと、今、どの段階にいるのか確認してみましょう。

プロセスと現在の段階を確認できたら、最終的な決定をする決裁者の確認です。
もちろん、ズバリ「決裁者はどなたですか?」などと聞くのはNGです。
仰るとおり、相手に自 分との面談を軽視されているような印象を与えてしまうと、元も子も
ありません。

「この件に関して、他にこの人の意見を尊重しておきたいと思う方はいらっしゃいませんか?」
などと聞き、お客様が「部長に確認しておきます」「○○さんにも意見を聞いておこうかな」などと
答えたら、その人がキーマンだとあたりをつけます。


関連Q&A

決裁者への面談を依頼する方法は?
予算を聞き出す方法は?

最強の営業術

営業組織力診断

営業マン育成コンサルティングについてのご質問など、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

代表取締役社長の野部や弊社役員が御社にとって最適なサービスを提案いたします。

<ご希望日は最大限優先致します>

個別相談会申し込み

ソリューション営業や営業マン育成コンサルティングのご検討に役立つ資料を用意しています。

資料請求

営業マン育成コンサルティングに
興味があるけれど料金が気になる方

お見積もりはこちら

オンラインセミナー
書籍紹介