■ 5年後の見通しがつかない時代

市場縮小懸念、不確実性の高まり、グローバル化が進む中、
「イノベーションの必要性」が声高に叫ばれています。

それを裏付けるように、一般社団法人日本能率協会にて毎年実施されている
「第38回当面する企業経営課題に関する調査 日本企業の経営課題2017」によると、現在の主要事業では5年後の見通しがつかないと考える企業が7割を超えています。

また経営課題としては、「新商品・新サービス・新事業の開発」
「事業基盤の強化・再編、事業ポートフォリオの再構築」といった項目が年々ポイントを高めています。

しかし、特に過去に革新を起こした企業、既に確立された事業では、革新を起こしにくいとも言われています。
クレイトン・クリステンセンが提唱した「イノベーションのジレンマ」は、大きな関心を集めました。

規模の大きい既存事業の前に現れる新興の事業や技術は小さく、魅力なく映るだけでなく、 既存の事業をカニバリズムによって破壊する危険があるため、新興市場への参入が遅れる 傾向にある。優れた特色を持つ商品を持つがゆえに、その特色を改良する事のみに目を奪 われ、顧客の別の需要に目が届かず、既存の商品より劣るが新たな特色を持つ商品を売り 出し始めた新興企業に大きく遅れを取ってしまうのである。」
(クレイトン・クリステンセン)

■ 変革(イノベーション)を起こす人材を発掘・育成する仕組み

労働市場の観点からは、イノベーションを起こす人材を採用することは困難な状況であると言わざるを得ません。

そこで弊社では、東京大学・筑波大学との共同研究により開発したアセスメントを通じ、
就労中の営業人員の中から次世代を担うイノベーション人材を発掘し、育成し、成果につなげる仕組みに関する仮説を構築しています。

本セミナーでは、開発したばかりの新商品・新サービスの立ち上げを1年足らずで軌道に乗せた事例や、新規事業の営業展開実施者のアセスメントデータをお見せしながら、ご参加者様にヒントをつかんでいただきたいと考えております。

変革(イノベーション)は、こうすればうまくいく、必ず成功するというものではなく、
経営課題の根本、根幹となるものです。
多くのご経営者・人事担当者の方のご参加をお待ちしております。

お申し込みはこちらから
お申し込みはこちらから

担当講師



セミナー担当講師
小松 弘明(こまつ ひろあき)
ソフトブレーン・サービス(株) 取締役会長
三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)を経て、ソフトブレーン(株)に入社。
現在はソフトブレーン・サービス(株)会長を務める。
銀行員時代を含め、2万社を超える企業経営者からの相談を受けるなど
営業プロセス構築に関するコンサルティングで中堅・中小ベンチャー企業の経営者からの支持も高い。
著書に「宋文洲直伝 売れる組織」(日経BP社)、「会社の見直し方」(幻冬舎)。

※講師が変更する可能性がございます。

概要

タイトル

営業の変革と革新的な営業人財の発掘・育成法
~「価値づくり」に向けた営業役割の変革~

開催日時

2018年4月24日(火) 15:00~17:00
(受付開始14:30~)

参加費用

無料

対象

現在の主要事業では5年後の見通しがつかないと
お考えの経営者様、営業幹部・人事担当者の方

定員

30名
※申込み締切はセミナー開催日の3営業日前までです。
※先着順とさせていただきます。

ご注意

・同業他社様からのお申込みはお断りさせて頂きます。
・本会場においては、録音・録画・写真撮影は固くお断りいたします。
・セミナーの内容は、一部変更になる場合があります。ご了承ください。

開催場所

TKP品川カンファレンスセンター
(〒108-0074
 東京都港区高輪3丁目26番33号京急第10ビル )
<アクセス>
●JR京浜東北線 品川駅 高輪口 徒歩1分
●JR山手線 品川駅 高輪口 徒歩1分
●JR横須賀線 品川駅 高輪口 徒歩1分
●JR東海道本線 品川駅 高輪口 徒歩1分
●東海道新幹線 品川駅高輪口より 徒歩1分
●京急本線 品川駅 徒歩2分

お問い合わせ先

ソフトブレーン・サービス(株)<セミナー事務局>
TEL: 03-6880-9540(代表)
E-mail: request@esm-ms.jp

お申し込みはこちらから
お申し込みはこちらから