営業研修TOP ->ステップ2-アプローチ ->スキル16:面談の目的・内容の合意

スキル16:面談の目的・内容の合意

軽い会話を交わして場の雰囲気が和んできたところで、いよいよ本題に入ります。

スキル13〜15は、いわばアイドリングの部分で、このスキル16でシフトチェンジをしてスタートする、と考えるとわかりやすいでしょう。

まずは、その日の面談で何を話そうとしているのか、お互いの思惑に行き違いが生じないように確認をします。
「本日は○○について××させていただきたいと思っていますが、それでよろしいでしょうか?」
ここで、「はい」あるいは「そうですね」などの答えが返って来なければ、次に進めません。これを確認することで、お客様に商談の目的を改めて意識してもらえます。

「資料を送ってるんだから、わざわざそんなことを確かめなくてもいいんじゃないの?」と思う人もいるでしょう。
実は、これは仕掛けの1つです。ここでは種明かしをしませんが、どんな仕掛けなのかはスキル18になれば分ります。

≫ スキル17

最強の営業術

営業組織力診断

営業マン育成コンサルティングについてのご質問など、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

代表取締役社長の野部や弊社役員が御社にとって最適なサービスを提案いたします。

<ご希望日は最大限優先致します>

個別相談会申し込み

ソリューション営業や営業マン育成コンサルティングのご検討に役立つ資料を用意しています。

資料請求

営業マン育成コンサルティングに
興味があるけれど料金が気になる方

お見積もりはこちら