このセミナーは開催終了いたしました。ご応募ありがとうございました。

今時の営業マンは根性がなくて売れない。。。と悩んでいませんか。
インターネットや通信手段の発達で、消費は多様化。
消費者のニーズも多様化しており、単純には消費行動をおこしません。
部下に根性がないのではなく、現代は気合と根性では乗り切れない時代なのです。

現代のマネージャーに求められるのは、部下に根性を強要することではありません。
目標管理をすることで部下に高いパフォーンマンスを発揮させることです。

ピーター・F・ドラッカーはマネジメントのあり方を以下のように提唱しています。

『組織・部下が、「業績」を上げ、「働きがい」を高めるには『目標』が必要だ。
しかも、楽々クリアできる目標ではなく、背伸びをすることでギリギリクリア出来そうな 「チャレンジ目標」の設定が必要である。

目標の設定や達成活動に際しては、部下が持つ自主性や自立性を最大限に引き出すことが重要である。
そうすれば、部下自身が「チャレンジ目標」に対し責任感を持ち、自己統制が可能になる。

自己統制とは、自らの目標に照らし合わせ、現在の状況をセルフチェックし、自ら修正することである。』

掲げた目標に対する売り上げ作りを自主的に取り組むことが出来れば、仕事も楽しめるし、成長もスキルも上がります。
結果として、「業績」が上がり、「働きがい」も手にはいるのです。

重要なのはいかに「部下自身がPDCAを回せる『目標』を設定し、自ら管理するか」なのです。

本セミナーでは目標管理の重要性と
どのように「業績を上げ働きがいを高める目標」を設定し、管理するか、
そのコツをお教えいたします。

マネジメントにお困りの方、限られた人材で業績を上げたいとお考えのマネージャーの方、 ご自身の部下のパフォーマンスを最大に上げる方法をこの機会に学んでみませんか。

担当講師



講師
ソフトブレーン・サービス(株) 取締役会長
小松 弘明(こまつ ひろあき)

略歴:
三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)を経て、ソフトブレーン(株)に入社。
現在はソフトブレーン・サービス(株)会長を務める。
銀行員時代を含め、2万社を超える企業経営者からの相談を受けるなど
営業プロセス構築に関するコンサルティングで
中堅・中小ベンチャー企業の経営者からの支持も高い。
著書に「宋文洲直伝 売れる組織」(日経BP社)、「会社の見直し方」(幻冬舎)。

※講師は予告なく変更になる場合がございます。


講義概要

部下にパフォーマンスを最大に発揮させる ノルマ主義に陥らない『目標管理の実践』
※タイトル、内容が若干変更になる場合もございます。

講義スケジュール

2013年2月20日(水)16:00~18:00 ※15:30から受付開始 【開催終了いたしました】

受講料

無料 ※事前登録が必要です。

対象者

経営者・営業幹部

定員

50名様
※先着順とさせていただきます。
※1社につき2名様までとさせていただきます。

開催場所

TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター
(〒104-0031 東京都中央区京橋2-3-19 TKP八重洲ビル)
○JR 東京駅(八重洲口)より 徒歩4分
○銀座線 京橋駅(7番出口)より 徒歩2分
○都営浅草線 宝町駅(A5番出口)より 徒歩4分
○有楽町線 銀座一丁目駅(7番出口)より 徒歩5分
○JR京葉線京橋口(1番出口)より 徒歩5分

お問い合わせ先

ソフトブレーン・サービス(株)
TEL: 03-6880-2610(代表)
E-mail: request@esm-ms.jp